知的財産

ニュースリリース


関連サイト

会社情報

総合エンジニヤリング:開発元

■中山エンジニヤリング

本社/埼玉県川口市戸塚1丁目7番5号

TEL : 048-295-2010
FAX : 048-295-2545

冷蔵庫運転シミュレーション
 emRS Selection and Analysis software

冷蔵設備の設計支援と年間シミュレーションをおこなう総合的なソフトウェアです。

特徴

使用温度(0℃〜−65℃)、入庫品温度を入力後、熱負荷計算をおこないます。この結果に基づいて冷凍機運転時間を決定し、機器選定をおこないます。

現在までemRSでtk optimizerシステムに対応可能な機種
冷凍機
  三菱電機慨F/SL・MSシリーズR404A
  日立アプライアンス崖SUシリーズR404A/RSシリーズNH3
  コベルコ・コンプレッサ格zα・SHαシリーズR-404/SHNシリーズNH3

  (運用地における最低凝縮温度は各メーカーともおおよそ0℃程度です。三菱電機製SFシリーズのみ−5℃の能力表が提示されています)

ユニットクーラ
  emRSユニットクーラと組合せ。
  R-404A用 60機種をラインアップ。
  NH3用 アルミチューブ・アルミフィン 35機種をラインアップ。

機種の組合せを決定すると吸入・液管と順次現場の施工に合わせた配管能力計算を行います。
最後に運用する地域を選定することで各月の侵入熱量とシステム能力による運転時間を算出しランニングコスト計算を実行します。このシミュレーションソフトの優れているところはユニットクーラ・冷凍機・配管それぞれの組み合わせ能力、つまり平衡能力を計算しているという点です。これを説明すると、例えば凝縮温度が変化すると冷凍機の冷凍能力が変わります、冷凍能力の変化はユニットクーラ・吸入配管の能力に影響をあたえます。この影響から生じる圧力損失と、さらにはバルブ一つの圧力損失をも含めた冷凍システムの有効能力(実際の能力)を運用地の環境から冷蔵庫の侵入熱量と運用状況を考慮して時系列に算出しているという点です。このemRSセレクションソフトウェアは、これまでの検証からシミュレーション結果の5%以内の誤差と高い精度を得ています。
この選定結果から、分流器選定とtkoptimizerの最適凝縮圧力プログラムをソフトウェアが自動生成し円滑な受発注が可能となります。
また、年間の使用電力・電力料金・CO2排出量を同時に出力します。さらに、TD≦12℃で凝縮圧力制限をしている一般的な設備との比較も出来るのでCO2の排出削減効果を数値として確認することが可能です。

next >>

 

冷凍機メーカーの方へ